板張りの外壁と広い土間。日本の家の建築技術と情緒を受け継いだ自然素材の家

外観

外壁には板張りを採用。広い土間と相まって、日本の情緒をふんだんに取り入れた外観

外観

南玄関には昔ながらの引き戸を採用。土間があり、すぐにリビングがある、昔ながらの開放的な間取り

リビング

説土間へとつながる団らんスペースのリビング。土間とリビングは引き戸で間仕切りのできる設計を採用。

土間

土間を設けた玄関。土間はリビングの延長として利用したいという要望で実現。

吹き抜け

土間から見上げた吹き抜け空間。天然のスギ材と白い塗り壁のシンプルなコントラストが美しくダイナミックな空間を演出。

リビング・ダイニング

広々としたリビング・ダイニングはフレキシブに使える空間に。カラマツ材の心地よい肌触りの床に加え、床下を流れる暖気が冬でも足元が冷えない快適な住まいに

キッチン

キッチンは家族と会話しながら料理も出来るオープンタイプ。食器棚やカウンターはつくりつけのオリジナル

子ども部屋

屋根までの高さを活かしたロフト付きの子ども部屋。可動式のクロゼットを移動すれば将来2室にできる設計。

2階主寝室

木目の美しさと白い塗り壁を活かし、カーテンやリネンは白を基調にすっきりコーディネート

1階

2階

「今どき珍しい家の造り方だ」と年配の方から「褒め言葉」をもらいました、というA邸ご施主様。引き戸の玄関、広い土間、天然の無垢材と珪藻土の塗壁の素材感溢れる室内と、いやがおうにも日本古来の住宅を思い浮かばせる佇まいを醸し出す仕上りの家です。
ご施主様が家を建てる際、特にこだわったのは素材選び。トレーサビリティ(素材の成分表示)を行っている当社とはこの点でも相性が良く、実際に素材を見て、触れながら、一つひとつ丹念に選択していただきました。ご施主様の家に対する愛情と佐七の知識と技術が造りあげた、唯一無比の和空間。昔ながらの家の癒しの空間を現代の高気密・高断熱住宅に取り入れ、家族が心から安らげる家を完成させました。
「いつも自然の中にいて、空気がキレイな感じです。いろいろな素材の中なら選んだカラマツ床の肌触りが、特に気に入ってるところです。子どもたちも、それが自然にわかるみたいで帰ってくるなり靴下を脱いじゃうんですよ。いつも家中が暖かいからということもあるんでしょうね。多少の手入れの手間や細かな傷がついたりすることもあるんですが、無垢材の雰囲気の良さにはとても代えられないです。」と話すご夫妻に、満足度の高さが感じられました。

建築概要等はこちらをご覧ください