生活しやすい部屋の配置

ところで、

皆さんのご家族は共通の趣味をお持ちでしょうか。おやすみになる時間は一緒ですか?家を出る時間は・・・など、同じ住まいに暮らす家族でも、行動や好みが一緒になることは、そうそうあることではありえません。同じように暮らし始めるときの家族の人数やライフスタイルも、その家族だけの状況だと思います。実は、習慣的な事柄から、ちょっとした時間の使い方まで
「暮らし方」を知ることで、私たちからの提案方法は大きく変わることになります。


例えばキッチンの考え方。

まだお子様が小さい場合、ママは料理をしていても子どもから目を離せない、といった時間があります。そんなママは対面式キッチンを選び、家全体が見渡せるように部屋を配置したいと思うかも知れません。また、外で仕事を持っているママは、より効率的な家事動線を求めるでしょう。キッチンを中心に家事を考え、サニタリールームやパントリーなどの位置も動きやすく配置します。また、収納を重視するママは造作キッチンを選び、自分だけの使い勝手を求めるかも知れません。さらに「料理は集中して作りたい」「後片付けを見られたくない」など、キッチンに対する考え方も千差万別なのです。


家づくりカルテ

私たちが住まい手ご家族にお渡ししている「家づくりカルテ」は、そんなご家族一人の暮らし方や生活のリズム、趣味などを教えていただくためのノート。ご家族だけのライフスタイルによって、ご提案する間取りや動線は異なり、快適な空間を作るための大きなポイントになってくるのです。


佐七建設「家づくりカルテ」

家族のライフスタイルと土地の形状、風土、環境を考慮しておぼろげに配置を決める