佐七の家「写真集」 WA様邸

薪ストーブと大らかな吹抜け空間。快適さと開放感が共存するコンパクトな間取り

家族が使いやすく、過ごしやすく、そして暮らしやすく。家族にとって「ちょうどいい広さ」の室内空間には、大胆なほどに広々とした吹抜けを設け、快適さと開放感が共存しています。その吹抜けを介して全ての居室がつながり、寒い季節には薪ストーブの暖かさが家中の隅々まで行き渡ります。
角地という土地の特性を活かし、プライバシーに配慮しつつ家の中から外界への導線、視線も考慮したプランを提案。リズミカルに重なる屋根、窓の大きさや配置、縁側風ウッドデッキなど、「外に開く気持ちのいいデザイン」が展開されています。
また、薪ストーブのある土間スペース、ライフスタイルに合わせて配した建具、桧の木壁が癒しの雰囲気を醸し出すお風呂など、家族の好みを存分に取り入れた住まいです。